農場の仕事

人に、豚に、自然に優しい「資源循環型農業」を目指して

本当に美味しい豚肉は、
健やかに育った豚です

昭和60年、青山高原南東に位置するこの地に「一志ピッグファーム」を設立、みなさまに美味しい豚肉をお届けするため、こだわりの養豚に取り組んでいます。

最優秀賞3連覇達成!

平成25年と平成27年、及び平成28年に「中日本肉豚出荷組合豚枝肉勉強会」において「最優秀賞」をいただきました。 また、平成27年には、全国優良畜産経営技術発表会において「優秀賞」も受賞いたしました。

おいしい豚肉生産を目指して、スタッフ一同が豚の発育ステージ毎に責任を持って担当し、飼育を行っています。

ここでは、豚の生産についてどのような作業が行われているのか、どのような特色があるのかといった紹介をします。

種付け

一志ピッグファームでは、繁殖から肥育までをひとつの農場内で行っています。

種付けは、養豚事業の基本部分です。スタッフの優秀な人工授精技術が光ります。

種付け作業の様子です。

種付け作業の様子です。

分娩舎内は、生まれた子豚にとって最良の飼育環境になるように、温度、湿度の管理に大変気を配っています。

生まれたての子豚の体重は約1.6kg程度です。母豚は一度の分娩で11頭程度の子豚を出産し、年間では約2.4回の分娩をします。

堆肥散布機
分娩
哺乳

元気な子豚たちは、母豚の乳をしっかりと飲み、日増しに大きくなるのが目に見えます。

哺乳期間は約20日間です。一番かわいい時期です。

哺乳子豚の暖房はガスブルーダーと電気のコルツヒーターを使います。

種付け作業の様子です。

生後5日程で離乳後に備えてミルクで餌付けをします。

種付け作業の様子です。

母豚の乳から離し、人工乳の飼料で育てるようになります。

離乳の時期になると体重は約6.0kg程度になっています。

離乳
離乳
育成

育成段階と呼んでいるこのステージは、離乳以降から体重約30kg程度までの豚をさします。

子豚たちは、オールインオールアウト方式でひとつの群としてまとめて移動されます。このことにより豚房の消毒作業が容易になり、管理の省力化にもつながります。

お腹一杯になった子豚は満足です

育成

肉豚として出荷される豚は分娩から175日、体重が約118kgになった豚です。

肥育の最終ステージで給与する飼料には、飼料米を加え肉の脂肪の質を向上させたり、しまりをよくする工夫をしたり、「オオバコ」「スイカズラ」「ベニバナ」などの漢方生薬を加えています。

踏み込み式豚房の様子です。一見するとふんの上で飼育しているように勘違いされますが、オガコなどの敷料を敷いた豚房で豚にとって快適な環境です。

飼育密度はゆったり飼う努力をします。

肥育
肥育
種豚

種付けが確認された母豚は次の分娩に備えてここで飼育されます。

エコーでお腹の中の赤ちゃんの様子を確認します。

種豚

種豚になる前の豚がたくさん準備されています。

種雌豚として活躍するために、個体番号で管理されることになります。

候補豚